模型(昔は全て木製)は、全ての物の原点です。
鋳造技術が開発、導入され、その技術革新と共に、発泡による模型作りをいち早く取り入れ、木から発泡への転換を計り、2000年には社内から木は消えました。
発泡にこだわり、小物から超大物(6m)までの、各種鋳造用模型(鋳鉄、鋳鋼、アルミ、ステン、ZAS、プレス金型、工作機械、産業機械、等)から、展示品、景観品、レプリカまで、昔からの伝統の技術を生かしつつ、最先端の技術(CAD、CAM、NC加工)を導入し、社会に形を提供しています。
特に当社は、規模を武器に大物型を短納期にて提供できる体制を整えております。
今後共、ご支援、ご指導をお願いすると共に、新たなる挑戦を与えて下さい。